Teacher wearing headsets while looking at her monitor

MONOLの講師たちがオンライン講師になるまで

Monolがオンラインクラスを開講するにあたり、講師の指導を担当する部署はすべての講師が変化に対応できるよう力を注いでいます。

Monolの講師がオンラインクラスの講師資格を得るには3つのトレーニング過程を通過する必要があります。

stage 1

ソフトウエア「ClassIn」を理解すること

まずはオンラインクラスで使用するソフトウエア「ClassIn」の使い方を学びます。「ClassIn」のさまざまな機能を活用して、それぞれのレッスンに適した方法を習得します。基本から高度な機能まですべてのツールを理解し、「ClassIn」のアプリケーションに慣れることがこのステージの目的です。

stage 2

オンライン教室の管理

次はオンラインクラスの管理に焦点を当てトレーニングを行います。クラス内で使用する教材へのアクセスと使用方法、それに合わせた画面の調整等をいかにレッスンの質を落とすことなく効率よく進められるかが重要になります。

stage 3

実践トレーニング

最後は実践トレーニングです。学んだことを実践で活用できるよう模擬クラスを行います。また実際のオンラインクラスを観察することで効果的な授業の進め方をシミュレーションします。このトレーニングを繰り返し、最終段階に臨みます。最終試験でトレーナーが認めた講師がオンライン講師になる資格を得ることができます。

これらのトレーニング過程で、最大限の能力を発揮できる有能な講師たちによるオンラインクラスが実現します。受講するさまざまな学生の需要に対応できるオンラインクラスの提供をお約束します。