復習が特徴のRegular ESLコース体験談

こんにちは!Tanです。
今回は私が2ヶ月間Monolで授業を受けて思ったことを書きます。

私は「Regular ESLコース」というMonolで一番オーソドックスなコースを受講しています。
ESLコースとは、Writing・Pronunciation・Reading・Listening・Speakingの5教科を勉強するコースで、
英語の勉強に必要な基礎が学べるコースです。

Monolのコースの中でも一番授業数が多く、宿題もちゃんとたくさん出るコース。
ESL以外にもいろいろなコースがありますが、「自分にはどのコースが合うのかわからない…」
そんな方はまず最初にこちらのコースを選択することをオススメします。

esl002 (1)

最初の学期に思ったことは、
「まだまだ環境に慣れるのにいっぱいいっぱいで、宿題も多いし、自分の時間が取れない…」

というのも私は最初、知らない単語が出てきたらとりあえずメモして、授業終了後に詳しく調べて…
という方法で単語を覚えていました。

けど、授業も宿題も多いのでなかなかセルフスタディの時間が取れず…。
段々と自力で単語を覚えるのを後回しにしちゃったんですよね!(笑)

毎日仕事から帰ってきて、英語の勉強をしようと思ったけど疲れてできない…という、
日本にいた時と似たような感覚。
このままでいいのかな…分からない単語が多すぎてどう手をつけたらいいのか分からないな…

そう感じたので、今まで自分でしていた単語を覚える勉強方法は土日にして、
平日はMonolのカリキュラムに身を委ねることにしました。

そうして、授業と宿題にいざ取り組んでみると、ある法則に気づきます。

「授業で出てきた単語や文法などが、きちんと宿題に反映されている」

ESLコースは授業で使うテキストと宿題で使うテキストが別です。
でも、中身はしっかりリンクしていて宿題をやると自然と授業の復習ができてしまいます。
私はなかなか単語を復習する時間が取れなかったけれども、
この宿題のおかげで授業と宿題の両方にでてきた単語だけは頭に残りました。

宿題には、単語だけではなく会話に使用できるような大事な文の使いまわしなど、
何回も出題されていて自然と文の形が頭に入るようになっています。

しかも、宿題だけじゃなく、教科が他の教科の内容ともリンクしているので
「この前、別の教科で出てきた単語がこの教科で使われている…」と気づくことも多いし、
この単語に気づいたということは完璧に覚えたんだな、という自信にもなります。

 

私はスパルタプログラムというオプションの強制自習にも参加していました。
スパルタプログラムは主に日中の授業の復習です。ここでも一日の復習をします。
これに参加したことで、授業→宿題→スパルタ…と一日3回も学習内容を復習しました。
次の日のスパルタプログラムでは、前日、前々日の内容をリピートする時間があり、
同じ内容を三日間は続けることになります。これだけやれば人間覚えますね…(笑)

esl002 (2)

忙しい1ヶ月を終えた2学期目に気づいたことは、
「あれ?この単語は前の学期の授業で見た気がする…」

2学期目は前学期とはレベルが異なり、ひとつ上がります。
「レベルがひとつ上がったし、新しい単語をたくさん覚えなきゃ!」と意気込んでいたのですが、
割と前学期で見たはずの思い出せない単語や文法が結構見つかる…と。

で、「あ、これ習った。前の学期のどこかで絶対出てきた。なんか見たことある単語。
けどやっぱりそこまでだ~」となります(笑)

たくさん覚えたつもりでも全然足りていませんでした(笑)
授業と宿題のコンビネーションでやらなければ、
私のような覚えの悪い人間は授業だけ受けただけじゃ全然身につかないんだと自覚。
2学期目は1学期目よりも細かい部分まで、復習・確認を兼ねた勉強をしたような気がします。

esl002 (3)

2ヶ月間、MonolのESLコースを受講して感じたことは間違いなく「復習重視」です。

スポーツと一緒で新しいことを覚えても、毎日練習しなければすぐに忘れてしまいます。
私は学生時代バスケットボールをやっていたのですが、
新しいディフェンスのポジションを身体に染みつかせるのに、何度も反復練習したのを思い出しました。

英語も同じで、1回授業で出てきただけの単語や文法なんて注意深く意識しなければ覚えないし、
Monolの教科書のように一日ないしは何ヶ月にもわたって、
何度もいろいろな場面でみたりきいたり、そして宿題をすることでやっと覚えていくんだと思います。

「復習なんて自分でやるから授業ではドンドン新しい単語を覚えたい、知りたい!」
という人は多いかもしれません。

しかし、確実に英語を身につけるという意味では、私はMonolの復習重視の学習方法が、
効率的だし効果的だと思います。

もちろん、自分で復習する時間も大事ですが、勉強の仕方がわからない人や意思が弱い人には、
勉強しなきゃいけないようになっているMonolのESLコースはオススメです。