②フィリピン留学ならバギオがなんていいところ(Kei)

Monolに来て、2週間ほど経ちました。

めっちゃ時間が経つのが早い!

平日は授業が終わったと思えば宿題をしなければならないので、一瞬で1日が終わります。

あいにく私が来てから予定を立てた週末は天候が少し悪くて、
プラン延期でまだフィリピンの遊びやグルメを満喫できていないのが現状です。
しかし、校内だけでも飽きずに十分楽しい日々を送れるところが、
Monolの良い所ではないでしょうか!

では、前回バギオのMONOLを選んだ理由をご紹介しましたが、
実際私が来てみて感じたMonolをご紹介します!

前回述べた理由は以下です。

・寒くない所
・食に困らない所(食べること大好き♪)
・コストパフォーマンスが良い所
・日本人生徒の少ない所
(勉強する限りはストイックに!EOP:English Only Policy:母国語禁止)
・治安がいい所
・日本人スタッフがいる所

①バギオの気候

常に快適。こんなに快適でいいのだろうか?
こんな過ごしやすい所があって良いのか?と言う快晴と涼しさです。(20℃、日本の秋くらい)

日本人生徒がよく着ている服装は、半袖・長袖にパーカーで下は長ズボン(スウェットやジーパン)が多いかな。
中には半袖半パンやワンピースにサンダル、ダウンジャケットを羽織っている方もいます。
上着や長袖を1週間分は持ってきましょう。

部屋では、1日中窓を開けっ放しです。虫少ないです。
日焼けを気にする女性の方は、1日の授業を終えて17時半頃には、
日は沈みかけているので、日焼け止めを何本も持ってくるという必要はありません。
〈しかし、重量オーバーしてでも6本くらい持ってきてしまった私。大失敗〉

日本の友達に連絡する時は、口癖のように
「こっちはめっちゃ過ごしやすいで~、良いやろ~!」と自慢しています。
11月~は乾季で肌寒くなるので、体調管理には十分に注意しようと思っています。
風邪をひいたときのために日本のマスクを持ってきた方がいいです。

もし体調を崩しても学校のクリニックには平日ナースがいるので安心!
生徒は無料で利用可能!保険もかからない!
私はまだ利用したことがないので、もし利用したら詳細も詳しくお伝えします。
〈でも、お世話にならない様に自己管理をしようと思います!!〉

【部屋からの景色】 犬の鳴き声やニワトリの鳴き声、子供たちの元気な声が聞こえてきて、騒音ではなく、気持ちをリラックスさせてくれます。
【部屋からの景色】
犬の鳴き声やニワトリの鳴き声、子供たちの元気な声が聞こえてきて、騒音ではなく、気持ちをリラックスさせてくれます。

2

②食事

現地での食事は全くと言って困ることはありません。

休みの日も学校が欠かさず提供してくださり、これまたこんなに良い環境でいいのだろうか…?と感謝するばかりです。

2週間経ってみて、こちらには納豆、牛肉、味噌汁はないですね。

<私はフィリピンにいたらそもそも日本食を食べようとは思いませんが…>
必要な方はインスタントの味噌汁やふりかけを持ってきたりするのもありだと思います。
(白ご飯は必ずあるので。)

周りを見ていると母国の味が恋しくなったりして、ふりかけやカップラーメンなどを食べている方もいます。
私は毎日提供してくださるメニューを楽しんでいただいております。
ブッフェ形式などで取り過ぎには注意ですね。
そう言い聞かせてはいるものの美味しくてついつい〈汗〉
ちなみにフルーツはバナナ・リンゴ・スイカ(赤・黄)パパイヤ・オレンジ・メロン…等々

好きなものを好きなだけ。 野菜がたくさん食べられます。
好きなものを好きなだけ。
野菜がたくさん食べられます。

③コストパフォーマンスGooooooooooooood!!!

カップラーメン等近くのスーパーで買っている方もいます。
日本からわざわざたくさん持ってこなくてもOK!だって安いんです!
お菓子やカップラーメン、シャンプーなども日本より安いですよ!ご心配なく。
<意味の分からないブランドが安いとかいう訳ではなく、 ジョンソンエンドジョンソンなど日本でも馴染みの食べ物や日用品も多数! そして、日本より種類も多く安く手に入ります! >

学校のコストパフォーマンスも当然良いですが、物価自体も安くて驚きの毎日!
これまた日本の友達に自慢!

【一番近くのスーパー(PUREGOLD)の外観】
【一番近くのスーパー(PUREGOLD)の外観】

Monolから徒歩で約23分、山道なのできついと言えばきついです。
運動不足の方にはおすすめ!タクシーだと5分くらい。
道は複雑ではないので方向音痴の私でも迷わず行けました!

6

スナックの1袋が日本円にして40円もしない!
そして、陳列の仕方にも少し笑っちゃいました。
店員さんが詰めている最中に「バンッ」という、詰め過ぎて破裂している音(笑)
フィリピンのスナックは全てパンパンで、そうでないものは穴が開いていたりで美味しくないらしいです。(豆知識)

④日本人生徒の少ない所
(勉強する限りはストイックに!EOP:English Only Policy:母国語禁止)

11月26日現在のMONOLの国籍比率は以下です。

日本:40%
台湾:27%
中国:16%
韓国:15%
ベトナム:2%
※少し日本が多いですが、先週韓国の団体がドバっと帰ってしまったらしいです。

EOPなので、実際は国籍比率など気にも留めません。
舐めていました…EOPを。

EOPは授業中くらいで良いのかなーと思っていると、なんのなんの!
食事中もチェッカーが沢山、目を光らし耳を立ているではありませんか!

えー!食事中くらい良いじゃない!

実際、英語を話そうとしている自分です。感謝します…EOPルールに。
日本人同士であろうと英語です。
それが普通になっちゃいました、たった2週間で。

そして、卒業するまで絶対にペナルティを貰ってたまるか!と思わせてくれる素敵なルール。
ペナルティは自習時間が課せられるので、自習をして消化していくシステムです。
貰っていないので素敵なルールと言っていますが、貰ってしまえば、憎むしかない…。

おそらくこれほどEOPを徹底している学校は他にはないと思います。
なので、真剣に英語環境にいたいという方は絶対おすすめです。

⑤治安

治安は想像以上によく、今の所全くと言っていいほど何もありません。
学校の入口にはセキュリティー(警備員)が常時いて、学校関係者以外立ち入ることができません。
なので女性はとくに安心です。
先生も生徒も皆、IDカードを持っています。
※あくまでもここは海外なので危ないなと思うところには一人ではいかない!

【私のIDとルームキー】
【私のIDとルームキー】

バーコードがあり、外出の際にはスキャンして管理されます。
これを首にかけていないとペナルティ、無くしてもペナルティ。
どれだけペナルティが好きやねん!!ていう程、私たちの周りにはペナルティが待ち構えています。

2週間を終えて、選んだ理由と実際の部分を少しですが、お伝えしました。
簡潔に言うとタイトル通り「なんていいところなんだ!!」ということです。
まだまだ英語のスキルも日本語のスキルも未熟ではありますが、少しずつお伝えしていきます。
よろしくお願いいたします。